現時点で、たどりついた、自分の動作は、シンプルに、こう表現できます。



根が、地中の養分を、吸い取る感じ



[広告 ] VPS



ここで、現時点で感じたことを、表現します。

今までは、鉛直といって、錘のついた糸の先端を指先でつまむとしたら、糸は垂直になって、指の真下に錘がきます。ようは、高い部分の真下には、自然と低い部分が来てくれる、ということ。だから、土台の上に、積み木のように積み重ねるものではない。そう感じていました。つまり、軸は、高いところから下へ貫通しにやってくる。そういう解釈。

今は、、、軸は、立つもの。かといって、積み木のように積み重ねるんじゃなく、下から立つもの。自然と立つから、積み重ねる必要もない。同時に、自然と、鉛直もかなっている。

あとは、そういう意識だけなら、重りは不要では???そうでもないんです。なぜなら、「地中・自分・重り」が貫通してしまうからです。こういうからだの使い方が、わかってしまうのです。そして重りをなくせば、、、自分がまるで、根が吸い取った養分で、てっぺんに花が咲くような、ぽんと開くような感じにもなります。

ただ、、、方法論やカタチにしてしまうと、一気に誤解へと駆け出します。抗う力みになったり、執着で力みになったりします。「この部位を、こうすれば。いや、こうしたほうがいいのか」・・・・・どうでもいいのです!!その執着を捨てて、アバウトになり、今、やってることを、感じる習慣。それが大事ではないでしょうか???私は何も、運動を、運動だけの視点でみてるのではありません。かといって、他分野に精通してるわけでもないけど、ただ、ひとつの分野に純粋に向き合えば、結果的に、そういう「統合的」な見方になるものではないでしょうか???

従来の「落ちる」という動作も、今、不要になったわけでもなく、「余計な動き」を「なくす」意味では、必要な場合もあります。大事なのは、「これさえやれば」と「結果」「未来」ばかりにとらわれて、「今、やってること」「今」を「見失わないこと」じゃないでしょうか???こんなことをしてても、意味がない。そう思ってやるのか、「意味じゃなく、今、これを楽しもう」と思ってやるのか。

ただ、、、ひとつだけいえること。それは、、、力を拾える、とは、とても楽しく、うれしい気分になる、ということ。自分にも、こんな能力が、眠っていたんだ、と知ること。過去にいろいろなできごとがあって、自分のことを否定する、悪く思う、だめだと思う。ほんとうは、そうではなく、今のままでじゅうぶんすばらしかったんだ、と知ること。

自力で力んで達成した喜びは、案外もろい。そのときだけしか満たされない。でも、他力というか、そういうものを受けられたとき、今だけじゃなく、過去も救い、未来も希望が持てる。今から、素敵がはじまる。そういう思いにさせてくれます。

同じ運動強度や種目でも、人によって差が出てしまう。原因は、本人の体の使い方。それの質によって、内容ががらりと変わるから。でも、じゃあ「その体の使い方」という「義務」「ノルマ」「課題」としてしまう。執着になってしまう。これではますます理想から遠ざかります。体の使い方とは、そういうものではないはずです。もっと、人間的で、温かいもの。心をなごませたり、硬さをとって、楽しさ・豊かさに変えてしまう。そういうものだと思います。


とまあ、、、ほんとうに言いたいことを述べました。

スポンサーサイト
腰でバーをはじく。伸びが大事。。。そう教わったし、そう見えたし。。。それでそうなるように、一生懸命「努力」してたんですね。。。腰というか「はら」というか。そこがやっぱり大事だったのか???なんて。。。でも先日のある行事で、それが何の意味も持たす、あっさりその身体意識がいけなかったって気づかされたんです。

結果がでれば、、、すばらしい。

順序が逆です。

今のままで大丈夫
今のままですばらしい

外側の結果に見える努力を、一生懸命していたんですね。。。
そんなことしなくたって、、、すばらしいものはすばらしい!!
そこを再確認できたんです。

技術というのは、私の思うに、、、
余計な動きを消すための、また別の余計なことじゃないかって。。。
だったら、、、、その余計なことを、消すだけで、、、技術に到達できませんか???

重力が働く。時間が流れる。
当たり前です。
だったら、、、受け止めよう!!なんて必要もなく、普通でいいんじゃ。。。
ましてや「どこで」受け止めよう???など、必要ない。

何かをしなくなることで。
世界がまた、拓けた感じです。

[広告 ] VPS




挙げないこと。
力を入れないこと。
何かをしないこと。

でも、自然を受け止めようって不自然なことをしないこと。


2018.06.07 無計画
大事なことは、今あることを受け止め、今を味わう。今を楽しむ。
そこじゃないでしょうか。
今ある重さをどう受け止め、どう感じるか。
結果、腰とバーが一緒になってはじかれる感じになるのでは???
[広告 ] VPS



私は、過去はいっぱい勉強してましたが、
今はそれを手放すようにしています。(約15年ぐらい前になりますが)
すると、手放したあとのほうが、逆にどんどん、さえてきて、発見や気づきも多く、
何より、、、シンプルになったということ。

第一段階がこうで、第二段階は、、、第三段階ではこのぐらい???
私はそういうふうにしたやり方じゃなく、
無制限に、でも、躍起にならず、すると自然と、、、みたいな感じです。

次のための今、じゃなく、今のための今。
その今のまま、次を過ごす。
だから、頭が良さげな人がいう「リハーサル」なんて、ないんですね。。。

今、、、やることを、やるだけ。(今を、楽しむだけ)

その結果で、なぜだか天から知恵が降ってきたり、そういうふうに。



指示待ち・義務・我慢。。。

そうやって犠牲になって頑張ることを悪くいうつもりはありません。
それを望むのは、本人の自由ですから。
でも、、、考えず、今あるそれを味わう。食事にしてもそう。。。

五感をしっかり、今を、感じる。今を味わう。



それが、健康の秘訣だと思います。
(by 天然の明人さんより)


2018.06.01 脱力と調和
普通は、こういうのって、力がすっごくいるんじゃ、、、って思われがち。
ですが、、、その先入観を、、、崩壊させましょう!

[広告 ] VPS

[広告 ] VPS



あとの動画のほうが、やわらかいでしょう。。。
撮影時期も、後者のほうが、後ですからね。。。
(調べたら、、、約3ヵ月後でした・・・全身の新陳代謝と同じ周期じゃない。。。)
ま、、、ちょい、うれしかったりします。。。。

と余談はいいとして。。。


・・・・

・・・・


それでも、やっぱり「筋力では??」と思う方は、どうぞ筋力アップに励んでください。
「基礎的な何か」「特別な何か」がいるのでは???そう思う方。
じゃあ、、、その「何か」は、何でしょうか???

じゃあ、、、どうして、、、

「すでに、自分には、欠けてるから」

となってしまうのでしょうか???
欠けてるものを、努力で補うことが、強化なのでしょうか???
と問いかけると、もうすでに、困惑だと思います(笑)。

でもですよ、、、、

欠けてる、というネガティブな思考がはじまりだと、
足しても足しても、、、ネガティブなままで、しかも方向性がずれてるので、
結果、、、どうなってしまうでしょうか???

あせって、てんぱって、不安への対処ばかりに、先行きの対策ばかりに自分を奪われ、
一向に、、、安心がやってこないのではないか???と感じるのですが。。。
99点の答案にたいし、ほめることもなく、1点を悔やむ攻める自信を奪う。

自分には「ない」から。。。

だから、足すしかないんです。



うちは、、、そういうマイナス思考から脱した方針・方策・方向性を展開します。
「あった」んですよ。。。
「筋力」とはいえないものが。。。

でも、、、そういう「筋力とはいえないもの」を使えてるから、
正しく体が機能し、
それに見合う体が作られ、体型や体質が作られ、コンディションが作られるのです。



無邪気な子供のころに、戻るのです。
そして、、、自分を信じて、自然を信じて、状況を信じて、
その事実を受け止めるのです。

その「受け止め方」こそ、、、

私が提唱する「体の使い方」です。

距離感を誤って一度ぽかミス(笑)でも、、、きっちり修正しています。
[広告 ] VPS


まずはごらんください。全力いっぱいがんばった感じゃない世界です。
[広告 ] VPS



これは、私だけじゃない、各分野のそれぞれあるところに到達した人らが考えることだと思います。それは、どういうことかといいますと、私も若いころは、ありとあらゆるエクササイズを生み出し、創意工夫をし、それが楽しかった。同じエクササイズでもいろんなバージョンを描き、それを処方する。。。

つまり、生み出していくいっぽうで、増えていくばかりで、捨てられなくなってしまう。。。

当時は、「何を施すか」に一生懸命になっていたんですね。だから、あれも必要、これも必要、、、ってな具合に。今はどうでしょう。。。私のレッスンは、すっごく種目数が少ないのが特徴です。しかも、、、どれをとっても、「オーソドックス」。つまり、バリエーションを変えたりする増加を抑え、いちばんオーソドックスなものだけを選ぶ。

でも、、、それで、、、、大丈夫なのです!!

なぜなら、、、

「何を施す」よりも大事なことに気づいたから。



「何を施す」「何をやる」以上に大事なもの。



それは、、、



「どう施すか」「どうやるか」



うちは、ひとつの「シンプルな種目に、多くの意味を持たせています。ひとつの種目がさまざまなヒントを生むからです。そう、、、それが「体の使い方」という真実です。あれはあれ、それはそれ、、、そう新しく難しく凝り固まるのではなく、そのひとつが、さまあまなきっかけを生む。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




さまざまなレパートリーを持つことがプロではなく、
ひとつの種目に多くの意味を持たせ、活かせることが、プロ。
そういう取り組み方ができる人が、ホンモノ。



それ自体は、いかに楽しむか。
そもそも、幸せというには、誰かに与えられるものじゃなく、
自分のうちにあった、と気づいていくもの。

そのきっかけが、他人だったり行動だったりします。

こういった強化も、

与えられる、という支持待ち、無責任、じゃなく、
あるいは、我慢や忍耐、服従、でもなく、
どうして力まないことが大事なのか、というその体の使い方は、、、
こういったこと、つまり、、、「はじめから、あんたに、備わってたすばらしいもの」

それに気づくためのひとつの要因に過ぎません。



私はあくまで、、、サポートやお手伝いに過ぎません。
幸せになるのは、、、あなた次第です。