溜めや早さについてこれまで数回触れてきましたが、
大事なことが抜けていましたので、このことについて簡単に触れます。
それは、体重の乗り方について。

左右(あるいは味方によっては前足・後足)どっちの足に乗るのか、ということ。


歩行やランニング・スイングにいたるまで、私個人の見解を述べますと、
後ろ足でキックしたり、後ろ足に体重が乗ったり
逆に、前足側に体重を乗せるものでも“じつは”なく、


比率は変化するかもしれないが、両足側に乗っているのです


溜めとは、「今か今か、、、が待たされた感じ」「ワンテンポ早いけど、待たされた動き」
しかし前足側だけに乗ってしまうと、溜めができません。どこか足を置きに行くような感じが歪めない。
もちろん、後ろ足に乗せてますと、動きがワンテンポ遅れてしまいます。力感ばかりで実用しない。

シンプルに、、、上体の真下には、左右の下肢がある。
どちらか片足が浮いていても、左右の下肢が上体の真下にある。
だから、落ちて、上体が下肢両方に乗るのは当たり前で、上体の真下に下肢がついてくる、ということ。

以下ランジ動作でも、(比重は変化するだろうけど)じつは両足両方両側に体重が乗っています。
前足への意識や後ろ足への意識はなく、とても自然。むしろ比重や加重など「忘れている」。
だからこそ、両方に乗っているからこそ、止まらない時間の流れに適応できるのです。
ある意味、他の動作へのヒントにもなるランジ運動。ワンテンポ早い遅れた動きです。


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




補足事項や加筆は、こちらから



スポンサーサイト
うちのトレー二ングでは、
鍛えたあとのほうが、筋が弛緩します。動きが軽くなります。
重りを扱ったあとのほうが、重りを受けたあとのほうが、弛緩し、動きが軽くなります。

こういうことが、当たり前のように味わえるうちのワークアウト。

しかし、、、こういうと、ひとりやふたりは、このような意見をお持ちであるケースもある。
「当たり前じゃないですか???」
「重さがなくなって、抵抗がなくなって、軽くなるんですから・・・・」

もしや、あなたも???

でも、そういうあなた、、、
もしほんとうにそうなら、、、とっくに動ける体なっていないでしょうか???


実際にそういう方に、その人が以前からやっていた動作であえて行っていただきます。
その後、ストレッチしますと、、、「やっぱりがっちがち!」
さっきまで正しく鍛えた後のやわらかかった状態とは、まったく異なることに気づかれるのです。

良い動きで、重さを受けて、動けてるから、
受ける知恵が刻まれて、脱力でき、弛緩するです。
そういう動きで鍛えるから、そういう体になっていくのです。

[広告 ] VPS



それにたいし、力んでがっちがち。固めたり、反射を用いたり。。。
ようは、それだけ「受けてない」から、余計なことがいっぱいできるのです。
余計な「力んだ動きが」。だから、終わったあとも、硬くなるのも当然です。
以下のような最悪の動作を、けっこいみなさん、やっていませんか???

[広告 ] VPS




この内容はどちからといえばスポーツをされる方向けの内容ですが、
そうでない人にも参考になると思います。
今回は、速い遅いなどの“特別意識”を“取り払う”内容になります!

たしかに、速い動きで鍛えることにも意味があり、遅い動きで鍛えることにも意味があります。
しかし、、、これらを「速くする特別意識」「遅くする特別意識」をもってはいけないってこと!!
いずれも、、、不自然で無理かある負担が大きい動きで、調和の取れていない動きだからです。

そう、、、遅くても、速くても、同じ動きなのです!
基本は、打ち勝つことにあるのではなく、調和すること、手なずけることにあるのですから。

[広告 ] VPS


瞬発力で打ち勝とう、、、、とするその意思が、動作をワンテンポ遅らせます。速くしよう!ではない。

反対に、遅い動作であっても、いつでも速くできるぐらいのゆとりがある。
そう、、、遅くしようとしてプルプル力ませるものや筋肉をいじめるものではありません。
遅くても、、、スムーズ!!

これは以前も紹介しましたが、うちのお客様でゴルフをされる方。300ヤード超えなど普通にされていますが、見た目は遅く映るのです。ゴルフ仲間と一緒にいちど、専門施設でスイング速度を測定してもらったそうです。他の選手の速そうなスイングをよそに、うちのお客様がもっとも遅そうに見えたにも関わらず、彼がもっともスイング速度が速かった、とのこと。実際にトレーニングも、あきらかに瞬発力(という構成要素)を求めた「ぐっとインパクトのある動き」など一切行わず(そういう動きは力みだ、ロスが大きいと指導したのもありますが)、ながれがすばらしい等速の動作で行われています。

いかに、「ながれ」が大事か!!いかに、「端折った部分ではなく、全体」が大事か!!

ということです。

元広島カープの伝説のスラッガー前田選手も、
このことに近いことをテレビでおっしゃっていたみたいです。
「遅いぐらいで、ちょうどいい」と。

速いという特別意識ではなく、あの人だけは特別だから、という悲観的な制限ではなく、
周囲からの「あなたにはムリ」「だから、(執着で)あれもこれもしなければいけない」とかでもない。

たしかに、速い動きにも意味があるし、遅い動きにも意味がある。
でもどちらを採用したとしても、調和され手なずけられた動きであること。
速くも遅くもできる!!ということ!!


「ねばならない・・・・」という呪縛から開放させ、
「手なずけられる」「アシストしてくれる」「叶う」という気持ち。
重りは正しく向き合えば、とてもやさしいのです!!


あなたさえ信じれば!!

という部分じゃないでしょうか???等身大のあなたの中に、すごいものが眠っている!!
それを引き出す手段のひとつが、こういったウエイトトレーニングだと思う。
打ち勝つものではないからです!!
調和して手なずける、、、つまり、、、信じるものだからです!!


ながれあること最速で最強

これはどちらかというと、「スポーツのための・・・」の要素が強い内容。
しかし、普通の動作も、スポーツと同じ「動作」という枠組み。
トレーニング動作も同様。

ですので、競技目的ではない方は、参考程度にご覧ください。



よく瞬間瞬間・・・が大事、、、とは言われ、瞬発力を求めて神経を興奮させる取組みが目立ちます。
しかし実質は、時間がたえず流れていて、“瞬間”という静止画像は存在しない。
これが私の「抜本的な考え方」です。

上の記事あるいは指導現場では何年も、
「パワー」(仕事率)とは、「重さ」に「時間」を掛け合わせた「積数」だと申している。
「パワー」=「重さ」×「時間」という、普通は見かけない私の感覚的な方程式です。


しかし、、、一般的には「パワー」とは、以下のように考えます。

「力」に「距離」を掛け算した「仕事量」を「時間」で割ることで算出されます。
よく知られる、「距離」を「時間」で割って、「パワー」=「力」×「速度」とされるあの「仕事率」です。
なので、普通の方の頭の中には、「力」と「速度」しかないのでしょう。
動きが硬かろうが、ながれに合わずワンテンポ遅れていようが、そうなのです!

ですので、疑問を訴える声もあるでしょう。
しかし、「仕事率」という観点だけで考えたとしても、私の考えは変わりません。
実際に、そうやって成功してきました。


累積したながれのその一部をスキャンしたものが、仕事率(実質のパワー)だからです!!


では紐解いていきましょう。。。
... 続きを読む
決して難しい話ではありません。考え方ひとつだということです。

ですので、裁くつもりもありませんし、冷静に受け容れながら話をしていこうと思います。

はっきりいえるのは、身体が部位が体幹が関節周囲などが

「固まったほうが、もろい」
「固まったほうが、伝わりが悪い」
「固まったほうが、バランスが悪い」


ということ。

本来は、伝わりが活かされる脱力の中で、
・最低限の無自覚な筋力が「うまく」使われるもの。
・身体を放任していても、身体や動きがやわらかくまとまって、逆らわずに動けてしまうもの。


しかし、、、体幹を注視したりするという試みが流行っています。つまりそれは、
始めから「力がある」「すでにある」のに、それをかき消して、また自分で動きを起こしている。ということ。
だから、バランスひとつとっても「意識」が強いられ、動作ひとつとっても意識や出力が強いられます。
正しく動けていれば、何なく動けてしまい、整ってしまうというのに。しかも「ロスなく」

深層筋深層筋、、、と言う前に、やるべきことがあるのでは???

というのが、素直な感想です。



ところで、、、、

当たり負け当たり勝ちも同様で、コアとか鍛えていても、やわらかそうな人に簡単に飛ばされていたり、そのやわらかそうな人を称して、、、「コアがしっかりしてるからだ」という解説です。これは以前指導していたアメフト選手も同じことを言っていました。実際彼は試合では、明らかに他選手と比べてやわらかさが際立っており、簡単に相手を飛ばしていました。

ちなみにうちは、「体幹???」「何それ???」とそんなのりです。

また、走る際の着地時の足首や、突きやパンチなどの手首は、ぐにゃぐにゃでちょうどいい、とトップ選手は声をそろえて言っています。だからしっかり伝わり、それでも保護されている、と。普段はエアロビクスのレッスンに入られることが多い、やわらかく動けるうちのクライアントも、たまたまダンスのレッスンに入られて、その道の専門から「やわらかいコアですね」と言われたぐらいです。

また、実際にパワーリフティングの大会でも感じたのですが、膝にきつめのサポーターのようなものを巻いてスクワット試技をほとんどの選手がしていました。しかし客観的にみて、美しくは見えませんでした。乱れている、というか。バランスが。でも、それでも、、、挙がってしまうのです。でも結果オーライ。ベルトも同じです。挙がりさえすればいい、、、のではないと思うのです。

これは同時にスポーツや日常なども当てはまりますが、
動作というのも本来、力で解決されればそれでいい、、、のではないはず。
こうして力み出力が熟練されるから、脳神経系が出来上がり、筋感覚にも敏感になるのでしょう。
その敏感さ、、、私にはとても疑問に感じます。本来必要なかった感覚かもしれませんし。。。



力が抜けているぐらいのほうが、明らかに動けるわけです。明らかに伝わるわけです。
ただ、抜き方の「巧い・下手」があるだけで。(重さになれるかどうか、の問題)

強化ではむしろその「抜く巧さ・抜ける巧さ」を磨くべきで、それがウエイトトレーニングであり
そこに熟練し、観念していき、どんどんすかっと動け、心地よく動けていく。
悪い力みにこそ敏感になるもの。そう身体が賢くなっていくもの。


しかも、そのウエイトトレーニングこそ、
... 続きを読む
スポーツ補強との名のもとにあるそれである。

私の結論からいおう。



そんなものは存在しない!!



存在するのは、残念ながら「ごっこ」でしかありません。
一見追求したかのように見えるのですが、じつはうわべでしかありません。



うまくいかない理由は、動作の質が「退行するから」です。

ますます「力任せ」になり、本来のスポーツとは遠ざかるからです。
実用性のない種目別筋トレ(呼吸の合っていない自己本位な筋力動作)となってしまう、ということ。
筋力に頼る技術が学べてしまうのですから。動きの質が低下する技術が学べてしまうのですから。

「点」と「点」を結んでできた「線」は、じつは「元々あった線」ではなく「むしろいびつな線」
はじめに「線」を見つけるべきで、その「線上」に「点」がいくつもあるものなのです。


なんとなく感じたでしょうか???

このスポーツ動作の関節運動に類似した筋力強化を行えば、一見工夫したように思えても、
じつはますます筋力に頼ってしまうこととなる、机上の空論になってしまう、ということです。
もはやスポーツではなくなってしまう。それが「壁」の秘密です。
(ついた筋力分は向上しますが、動きはどんどん退行するわけです。負担も大きい。ケガもしやすい)



強化や補強は、うわべの筋力強化ではなく、動きの総合性や動きの質にあるのです。



覚えておいてください。強化とは「筋力に頼らない身のこなしが土台」
それができた人が強化するから、強化が活かされるのです。
だから、、、変わっていけるのです。

そして、もうひとつ。
ウエイトトレーニングは、筋トレではなく、いちスポーツ。
総合力を学ぶ手段。土台の確認手段。土台を高め、ステータスを高めるもの。




固める・意識する・神経を興奮させる・・・だの、「動きのシフト」を誤ってはいけない。

・固めない真のバランス
・神経系ではないスピードやパワー
・意識や指令ではない技術や身のこなし


あとは「その線上から」点が見つかるわけですから。。。。これが、ほんとうの実用性です。


うちではパワーリフティング3種目(スクワット・ベンチプレス・デッドリフト)や、
人によってはクリーンやドロップスナッチなどウエイトリフティング要素も取り入れたり、
部位別トレーニングは最小限で、あくまで「基本種目」で構成されています。

しかし、、、「動作の質が違う」ということ。



その総合性がいつしか架け橋になってしまい、その専門スポーツなどのパフォーマンスが、



「特化した工夫をしていないのに、なぜだか知らないうちに、、、、、できちゃっていた!!」



おかげさまで、その域を体得された方を多く輩出させていただきました。
でも、そう感じたあなたが正しい!!それぐらい身体は賢い。
こういうことを現場で行っています。



どうしても疑い深く感じる方は、こちらをどうぞ



2014.03.25 速さを求めて
力んでしまう。。。



よくあることだと思います。

速さを求めて速くなったとしても、あきらかにワンテンポ遅れているような気がして、
伝わってないというか、もがいてるだけ、というか。
速さこそ、指令するものじゃなく、自然発生するものじゃないか、と感じるぐらいです。

それ以上に、「ながれ」や「早さ」(この漢字)だと思います。

これは数年間にも例があって、その人はゴルフですが、
みためは遅くみえても、実際に機械で測定したら、周囲をよそに彼が一番速かった、という例もあるぐらいです。でも、見た目が遅いから、周囲から余計なアドバイスを被る、とのことです。。。

ユーチューブの動画でみましたが、あるテレビ番組を録画したものだと思いますが、
プロ野球元広島の、多くが認める天才バッター前田選手も、バッティングに関しておっしゃっていました。
「遅いぐらいで、ちょうどいい」と。

大事なのは、ながれやリズムであって、協調や交友であって、指令や自己本位ではない、ということ。
できる、叶う、という安心感であって、打ち勝とう、戦おう、ねばならない、ではない、ということ。

それを教えてくれる「ウエイト」
それが損なわれる「筋トレ」
ということです。やってることは同じでも、やり方や思考で大きく変わります。

遅いから、速い動きに対応できない。
これが、筋トレ風思考です。
遅くても、いつでも速くできるながれがある。
これが、ウエイト風思考です。


動きの改善・自然化・帰化という即通もあるということです。


ウエイトトレーニングにおいて、重りを扱う際に多く出る質問のひとつ。
それが、、、


「どういう速度で動かしたらいいんですか???」という質問。


今回はこの議題で話を進めます。

一言で論理で片付けてしまえば、
「目的によりけり」で速度は決まる

しかしこれでは、
「“見えない部分がもみ消された”見える化」
でもあるのです。

そのもみ消しを暴けば、こういうことになります。

×わざとらしくゆっくり動かしてぷるぷる力んでしまったり、
×わざとらしく速く動かして力んで硬かったり、
×出だしを勢いよく゛ぐっ”とか“どふっ”とか、実感あるも、皮肉にもじつは二段モーションだったり、
×速く動かす工夫なのか、負荷を交わしてかくんと乱れ後手後手になって代償で発揮させてしまったり

力も速度もあるのに、
当たり負けするとか、ワンテンポ遅れているとか、硬いとか、負担が大きいとか。
そう、目を瞑ってはいけない部分なのです。


ではその見えない部分を紐解いていきましょう。
うちはひとつの好奇心で「あり方」で常にみつめています。
結論から申せば


速度は「自分で作るものではない」

自分で速度を作らなくても、
(同じ動作で)速くも遅くもできる自在性がある

これが真実だ。


具体的にいえば、、、



重りの速度に合わせるだけ



そう、、、重りとの呼吸だったのです。でも難しくはありません。
受けるというだけで、力の方向や速度がすでに「用意されている」ぐらい!!
受けるだけで、「レールが敷かれてしまう」・・・・・正しく行えば、そういう実体験が味わえます!!

しかも、呼吸が合うということは、ある一定の「保存」という器のなかで「自在性」を持つ。
つまり、、、合うか合わないか、が大事で、
究極のことをいうと、遅い動きで鍛えていても、速い動きのコツが鍛えられている!!
もちろん、速い動きで鍛えることもできます。(保存の範囲で/その最速が、ウエイトリフティングの動きなど)

私の指導経験上、実際に速い動きとは、もっとやわらかいもの、静かなもの、のはず。
ただ、保存が乱れるから、下手な神経系で速くしたり、小手先の意識で固めたりするのでしょう。
だから、、、変に実感ばかりある。。。。この実感、、、すごい誤解ですもんね!!


大事なことは、、、「受ける」ことです。「受けた」ことで「何か」が掴めてしまうのです。
それぐらい、重りは、身体に教えてくれています。どなたも身体は賢いのです!!
動きには、「絶対音感」のようなものがあるということも、正しくやればきっと感じられるでしょう。


速さを求める前に、みつめる目線があるのです。筋トレではなくウエイトとしての「何か」を。
そのヒントが、重りというヒントが、与えられている。それが「ウエイト」です。