FC2ブログ

にほんブログ村



当サイトへようこそ。

ここは、パーソナルトレーナー武田明人さんの世界観を謳ったサイト。
がちがちな思考を粉砕し、常識や固定観念もぶち壊す。正確には、行間を読む。
その行間を訪れれば、温かい感性やワクワクが待っています。

肩の力を抜いて、ファンタジーランドへ来た気分に浸ってみましょう。



自体重運動も、私がやれば、こうなります。
[広告 ] VPS


ほっこりジャンプで画面からはみ出す3mジャンプ!!
[広告 ] VPS


固まっておらず、それでいて、すべてが同時に動けていて、まとまっている。
しかも、、、簡単そう。。。力も入れていない。
体を支えるのに、バランスをとるのに、力はいらない。。。
[広告 ] VPS


ジャンプは、跳ぼうとしないもの。
[広告 ] VPS



運動って優雅。。。


それが伝われば、うれしいです。
しかも、誰にでも動きや運動が優雅になる秘訣があります。
それを、現場の指導でしているのですが、、、


90kgでしたが、力はいれてません。
しかも、出だし・挙げ始め(床からバーが離れる瞬間)から動きが違う!!
[広告 ] VPS


重りを扱ってるのに、、、力なんて入れてません。。。笑。
[広告 ] VPS



いかがでしょうか。


常識で考えられそうな、、、
ぐっと力を入れたり、がんばったり、逆らったり、固めたり、歯を食いしばったり、、、
それらが一切なかったのに。。。でしょう。。。


こういう風な「動きの知恵」を現場で指導しています。


筋トレやストレッチをやったにも関わらず、筋力などの数値が上がったにも関わらず、
実用性に欠ける、ケガが増えた、などお悩みの方。
鍛える、という先入観や、運動という先入観を見直し、根本から解決しませんか???


素質を開花させるんじゃなく、素質そのものが引きあがる。
私でも、できた!!これまでのお客さんも、一緒。
動作の質が違えば、当然、運動効果も違ってきます!!

単純なその場しのぎの強化を卒業し、根本改善をしませんか???


じつは、特別なコンディショニングプログラムはしていません!
自然に、自然に、できちゃってた。。。
自然って、作るものじゃなく、鎧をはがしていくこと。
[広告 ] VPS



少しでも気になった方は、
パーソナルトレーニング専用ページまで。
こちらをクリックすれば閲覧できます。



サブブログ(しょうゆ顔)もどうぞよろしく。
ときにいいこと、、、書いてます。
スポンサーサイト
2019.04.20 改良中
この内容は競技者向けの内容ですので、
しかも個人的な実践報告や成長日誌ですので、
初心者や健康目的の方はスルーしてください。

・・・・

スナッチやクリーンなどの種目。
デッドリフト。
両者の違いがようやく、体でわかってきて、前者の改良を進めています。

デッドリフトでは、腰までバーを引き上げたら終わり。
ですが、
スナッチなどでは、腰からさらにバーを真上ではじくことになります。

こちらが、デッドリフトです。
[広告 ] VPS



その要点を踏まえて、今、簡単な練習をしています。

まだはじめたばかりですので、客観で見れば改善点がまだまだあります。
もう一歩上体も起きて、腰にバーが近づいてほしかったんですけど、
主観ではパワーロスが少なく、いい感じだった。

[広告 ] VPS


それを踏まえてスナッチをやってみた。悪くなかったよ。
[広告 ] VPS



じつは今まで、バーが体(腰)に近づくとき、
腕が真下にぶら下がってなく、自分側に傾いてたんですね。。。
それだけ素直にぶら下げたんじゃなかったというか。
つまり、だましだまし力でバーを体に寄せていた。

だから、腰できちんとバーを真上にはじけてなく、パワーロスが大きかった。

そこを素直に認め、あとは最初のプルで、腰から上がるんじゃなく、頭から上がる。
すると、肩も引きあがるせいか、ますますぶら下げやすくなるんですね。
最初の動画では、
パワーロスを抑えるために、膝が伸び切らないけど、体は起き上がるようにすることを狙い

だって、
バーを持つ腕を真下に素直にぶら下げて、腰にバーが近づくんなら、そうなるはずで
でなければ、バーが腰に完璧には近づけることができないわけですから。

デッドリフトみたいに、腰まで上げて、完結、、、じゃないですから。。。


でも、これをハウツーにするんじゃなく、くどいですが、、、


あくまで、腰で、バーを真上にはじくための・・・


なんですね。。。

また、真上にはじく、という力みになるんじゃなく、
「落ちる」という基本的な体の使い方ありき。
素直になって重力を重さを受け止める、なじむ、調和する、ということ。
真上にキックするんじゃなく、落ちて、重力を真下に受け止めたからこそ、、、の自然発生。

そこにはこだわりたいと思います。


あ、体はすっごく軽いです!!

誤解・3の記事では、それとなく、クリーン・スナッチ不要説を唱えていました。実際に、何度やっても、デッドやスクワットのほうが、終わった後に軽くなるんですね。。。むしろ、スナッチ側のほうが、後で重くなるぐらいでした。

デッドの動きとスナッチやクリーンの動きは微妙に違っていて、腰からもう一段挙げるために、体は適応で動くわけなんです。その適応の動きが力みじゃないのか、とまで思い込んでいました。一種の代償のようにも思えて、それなら軽くなるデッドやスクワットをもっともっと重視すべきじゃないのか、そう思う一週間でした。

でも人間、冒険心があったり、猜疑心があったりするものです。つい確認しちゃうんですね。でもやっぱり同じ結果。。。そういう一週間だったはずが。。。不要説を力説する勢いだったはずが。。。

天から何かが舞い降りたのか。。。体の入れ方がまたよくなってくれて。。。
終わったら、、、めっちゃ軽いじゃないか!!あれれ、、、軽いじゃないか!!
どうしよう。。。不要説、真剣だったのに。。。

これは過去の動画ですが、この動画、結構自分が思うからだの入れ方になっていたので採用。
[広告 ] VPS


[広告 ] VPS



練習中、久々にあったお客さんとの会話です。

客「お元気そうですね」
(しばし雑談)
俺「じつは今、スナッチ不要説を唱えていて。。。」
客「え、あれだけこだわってやってたのに。。。」
俺「スナッチは重くなるんですね。スクワットやデッドのほうが圧倒的に軽くなって、自分はやはりこっちが専門で、、、って、でもね、、、」

と事態(不要説撤回)を述べた。すると、思いもよらなかった言葉が返ってきた。

客「進化ですね」
俺「・・・そう言ってもらえたら救われます、ってそう考えるようにします。。。」
客「やってはいけない運動って、ないんですね」
俺「そうなんです。体の使い方ひとつ、なんです!!」



笑うしかありません。。。
でも、、、うれしいこと。。。
また、また、、、楽しくなってきました。。。



そうそう、、、何が改訂かって、、、



あれだけ



私の辞書では
瞬発力とキレとは異なる




って吹いたもんだから。。。

でも、力んだ瞬発力と動きのキレとは異なると思うよ。
ただ、、、スナッチも改善された実体験から、、、
今ならこう言えると思う。

それは、、、



キレ、という瞬発力もある



と。

2019.04.07 誤解・3
ウエイトトレーニングにおける、
うちではいたってフツーのことですが、
世間ではおそらく「???」と感じるだろう話。第3弾。

初めての方は、第一弾から読み進めてください。

では話を本題へ。




終えた後、

ぶっとぶぐらいに、

軽くなる





これが結論です。そう、重りを扱てるのに、、、なんです!!
いいえ、、、
重りを、正しく扱うからこそ、、、なんです!!



部位別だと、
(この動画では、部位別とはいえ立位なので、全身も関与してるけど、、、)
使った上半身は特に軽くなってしまいます。

あ!軽い!!
[広告 ] VPS




ま、挙げるその動きも違うと思いますけど、
下げてるのに挙がってて、しかも無反動ですしね。。。
しかし、、、この軽さときたら。。。でもこれが、「キレ」じゃないのでしょうか。。。


私の辞書では、
「キレ」と「瞬発力」とは、
意味が異なるんです。



今度は部位別じゃなく、全身運動です。
いや!!全身運動!!全身が、ぶっ飛ぶ!!
終えた後、まるで体重が10分の1になったかのような。。。

[広告 ] VPS




重くしてみますと、、、
同じように、、、ぶっ飛ぶ感がありました!!
結局、、、軽くしても、重くしても、、、ぶっ飛ぶんです!!

[広告 ] VPS




軽くしてもぶっ飛ぶ
重くしてもぶっ飛ぶ

あとは用途の問題だけじゃないでしょうか。
コンディショニング目的。体作り。強さづくり。など。。。
もう一度いいます。

私の辞書では、「瞬発力やパワー」と「キレ」とは、意味が異なります。

私は、「キレ」を大事にします。
力んだ瞬発力は、好んでいませんし、
どんなにうまくできても、瞬発力には力みがあると感じます。



気づきました???



今回の動画には、スナッチもクリーンもなかったことに。。。
話せば長くなるのですが、、、
そういうことだったんです。“開いた”っていうか。。。

いつかこれについては、カミングアウトします。


2019.04.06 誤解・2
今日は、
・うちでは考えられないこと。
・でもジムや世間では当たり前かも、とされてること。
について簡単に言及します。


普通のスクワットです。うちは、だいたいこんな感じです。ゆるゆるです。
[広告 ] VPS



では本題へ。


動画見て、どうでした???


結論は、、、


ぜんぜん限界までやってない


でもここが肝心!!


・・・・


限界を超えてまで、鬼軍曹から「あと一回、もう一回」みたいな掛け声。
うちは、絶対、それをしません!!
むしろ、、、やるな!!といいます!!

下手すれば、、、やってしまおうものなら、、、私が鬼になって、やめさせます!!(笑)

というのはいいすぎですが、、、叱責や注意はするでしょう。


・・・・


乱れた動きで、鍛えるな!!


それが答えです。

それ(乱れた動き)を促して、乱れてまで、力んでまで、逆らってまで
「もう1回!!」「よし!いいぞ!」みたいな意味のないはげまし。
それ求めるなら、よそへ行ってください!!



せいぜい、数値分の成果しかでないでしょう。
いいえ、力んだ分、数値以下の結果ともなるでしょう。
むしろ、怪我もしやすい硬い筋肉にもなるでしょうし、感知力も勘も低下。



強化を、そういうふうに思ってる方へ。



うちに来れば、、、その固定観念が、180度、覆ります!!



こんなに楽でいいの!!



いいんです!!でもどうですか???どこか、かみ合ってませんか???
っていうのは、やった本人にしかわからないこと。
そもそも、、、力で挙げた時点で、おかしいって気づかなきゃ。。。



簡単、単純、でも、摩訶不思議。。。



重りは、受け止めて、落下を味わったほうが、、、なぜかうまくいくんだから。。。

人の思考は、あほだと思います。
すぐに力で何とかして、足りないのは力だとすぐ決めつけます。
もっと根本をみつめ、マニュアルに隠れた基本なるものを、感じましょう。

2019.04.01 誤解
「ウエイトで鍛えてるんです」
っていうだけで、
「歯をぐっとかみしめるもの」「ぐっと力を入れるもの」という先入観。



私は、基本、、、噛みません!!
[広告 ] VPS




正確には、、、もはや、力めません。。。
力みに敏感になっちゃって。。。
このことを、うちでは、動きの絶対音感と呼んでいます。



そもそも、、、重りってどういうもの???
・戦う相手?
・勝たなければいけない相手?
・強敵???

鍛えるって、それに打ち勝つこと???
打ち勝ったことに酔いしれるもの???
しんどいことをやった達成感???



どのように考えるかは、その人の勝手。
私は、このように感じています。



重りは、動きのせんせい!!



すべて、教えてくれるんです。不思議なぐらい。。。
結局技術論も、、、捨てて自然になれば、なぜかかなっていたりするもの。
それを、その原因結果と混同して解剖学に走るから、おかしなことになるわけで。



重りは、自然物。
その自然物が、やさしく教えてくれる。
っていうか、、、やっててめっちゃ楽しいですよ!!



苦しいことを、我慢して乗り切るから楽しいんじゃなく、
苦しいことを、楽しい何かに代替えするんじゃなく、
苦しくなく、それ自体が楽しいんだよね!!



イッツ、ファンタジー!!



ファンだね!!ファン(fun)
エンジョイっていうより、ファン!!
このほうが正確かな???



いろいろ脱線しました。。。
2019.03.27 情報戦線
なんというかさ、、、



なんだかなぁっていうかさ、、、



どんどん新しいものにスペックされていってさ、、、
どんどん古いものが使われなくなってきてさ、、、



便利になるのはいいんだけど、



いちいち切り替えをやらされてる俺らって、



時代に泳がされてないか???って。。。



トレーニングも一緒だよ。。。



いいや、、、すべて本来は、、、そうなんだと思うんだよ。。。



ほんとうに必要な情報って、、、



・・・



・・・



結局、、、



勘なんじゃねって。



直感(直観)ともいうけど。。。



これだけは、どんなに時代が変わっても、、、



絶対に不変だし普遍でしょう。。。



ウエイトトレーニングは、そういう勘を学ぶもの。



それが結局、、、、答えなんじゃねって。。。



あれこれ方法論や効率論、情報、大いに結構。
でも俺は、、、もう、しんどいことはしたくないんだよね。。。
ほんとうに賢いのは、ほんとうにあほなのは、どっちなんだって話です。



ま、とはいえ、昔とった杵柄は大事にしてたりしますけど。。。
でもそれも、勘という視点で把握できる自分になりたい。。。
2019.03.19 改良中
私は基本、、、、とくに最近は、、、
「頑張って、成長しようとしない」を基本にしています。
っていうと、まったく向上心がないってお叱りを受けそうですが、、、

向上心って、そういうことじゃないって思うんです。

できないことができるようになるから、価値がある。
じゃあ、、、できない自分って価値がない???
いいえ、、、できてないままでもすでに、価値がある。

成長や向上というのは、義務感や罪悪感でなすものじゃなく、
自分を肯定していく中で、わくわく楽しむ中で、自然と、、、じゃないかな???
と個人的には思います。

かつては自分もこう考えて自分を責めていた時期がありました。
「自分はパワーリフター。ウエイトリフターじゃない二流」
でも今は、パワーリフターでじゅうぶん。
いいえ、ひとりの天然なトレーナーでじゅうぶん。。。

そういうゆるゆるな自分肯定。
「できなければかっこ悪い」から「できなくてもわくわく」へ。
そういう気持ちが、、、改良へとつながっていく。。。

体の入れ方が、、、うまくなりました。。。うれしかったので、アップします。。。

[広告 ] VPS



なんかね、、、
スナッチまでいかなくても、これでじゅうぶんすぎるぐらい、価値があるんじゃねって。。。
同じ運動効果を得るのなら、簡単なほうがええやん。。。しかも基本が凝縮されてるし。。。


クリーンも、試してみた。。。下手ながら、泳ぎながら。。。でも、ええやんって。。。
[広告 ] VPS



できたから価値があるんじゃなく、
できなくたって、価値がある。
この先、もっともっとできていくとしたら、今の自分が否定されてしまいます。。。
だから、現時点や過去を、、、肯定するのです!!

鍛えるって感じを、普通に見直しています。
鍛えられてるって時点で、
あせって不安の裏返しで、力んでて、かっこ悪いと私には感じるんです。

お相撲さんのインタビューで、
すばらしい内容にもかかわらず、「ふつうです」っていうあのかっこよさ。
ウエイトも、、、「ふつう」でいたいですね。。。

もちろん、、、我慢のふつうじゃなく、、、


まじ、、、ふつう。。。


スナッチだけじゃ、ないんだぜ!!(笑)。


動き始めでは、「見破られないで出し」がポイントです。
[広告 ] VPS


バランスっていうのがこっけいになってしまうゆるゆるなまとまり具合。
[広告 ] VPS


背中を鍛えるっていう鍛える観を捨てて、ようは、、、引かないで、引けてしまう観。
[広告 ] VPS



終わった後、、、劇的に体が軽く感じられて。。。
この軽さは、スナッチ以上かな。。。
そう、、、スピードに固執しなくても、普通のことを普通にしてたら、かなうもの。

その分野やその領域やそのデータ部分を改善したく、
そこへ特化した動き方や考え方をして鍛えるって、
人間の思考って、ほんと、単純であほなんだなって思います。

根本を忘れて、
力んだパワーや力んだスピードになってたら、意味ないやんってことだけど。

それなら、情報収集によるその硬さをなくして、あえてあほになってみせて。。。
そう、もっと感受性に活かせばいいのにね。。。
そのほうが、よっぽどかしこい。

自信の話と一緒で、できたから自信が得られるんじゃなく、
できないままでも自信を持つ。できないままの今の自分に価値がある。
だから、自信が持てて、価値のある「結果」が、引き寄せられる。。。みたいな。。。

まさにこれこそ、、、重りの扱い方であって、動き方じゃないのかな???って。。。

ふつうっていうか。。。がんばってないっていうか。。。
ふつうでがんばってない自分に、すでに、価値があるんだから。。。

たまたま古い動画を見たら、当時からこうでした。。。
[広告 ] VPS


まだこのころは、自宅にバーベルがない時期でした。
マッサージチェアみたいにしたくって。。。面白動画って感じで。。。
ま、これができたから、どうってわけじゃないんですが。。。

少なくとも自分は、

からだのあちこちを意識させまくり、
指令させまくり、
ではないことだけは、確かです。




やっぱり、できなければわからないんだなあと思います。
理屈をわかったところで、じゃあ、できたの???
できてないんなら、わかってないってことだよ。。。ってな具合に。。。



どの分野の勉強でも、結局は、知ることはできても、頭でわかったとしても、
結局、実体験で、
できたかも???あ、こういうことを言ってたのか!!みたいな体感。

そう、、、体感ですね。。。



[広告 ] VPS

90kgだったと思いますが、うそみたいな簡単さであがるデッドリフト。
やっぱ「パワーリフティング」が本業だからこそって感じで。。。。
で、かつて、私のように「体の使い方を重視するトレーナー」がいて、
彼らからこういわれたことがありました。

感覚神経がすばらしい。感性がすばらしい。



そう、じつはこれが今まで「呪縛で」(笑)



いや、彼らを悪く言うわけじゃないんだ。ただね、、、これこそさ、、、
「わかってできた」という「勘違い」だったのね。。。
だって俺はさ、、、、



感じるんじゃなく、、、勘だもん!!



そう、、、直感というか。いちいち感じてないよ。
勘だよ。勘。。。
勘じるんだよね。。。



それが、「できてはじめて、わかった」ということさ。。。



そうそう、、、先日と重なる話。。。
できるためには???
これ、あまのじゃくです!!

だって、できるためには!!って費用対効果みたいになってさ。。。
だから深みにはまっていくんだ。執着ともいうね。。。
こういうのはね、自己否定っていうんだ。できない自分はだめな自分ってレッテルさ。

できなくたって、自分は何にも損なわれないのに。。。



するとね。。。



なぜか、うまくいく率が上がるんだよね。。。
忘れたころに試すとか、がいいかもね。。。
あるいは、できない自分もすばらしい自分っていい気分でいいプライベート。

だってみんな、、、氷山のみたいなもんで、
氷山の一角が、さまざまな氷山として浮かんでて、
だから、、、つながっててさ。。。



できなくて、当たり前。
すると、怖いものなんて、ないからね。。。
ウエイトもさ、、、力であげようってのも、執着なわけ。。。

そりゃ、、、あっちこっち、いためるわな。。。実用的な筋肉にはならんわな。。。

あがらなくてもいい。
いいや、あげなくてもいい。
挙下って俺だけの言葉があるぐらいだから。。。

詳しい話は、カレーの甘口辛口についての記事をご覧ください。



追伸。。。

スナッチが、またよくなりました。
今まで、スナッチプルはよかったのに。。。だったのね。。。
じゃあ、、、スナッチでもスナッチプルだと思ってやれば???じゃない。。。
[広告 ] VPS


そう、、、これこそ、、、挙げなくては!頭上で差さなければ!だったのね。。。
だからもう、、、スナッチプル同様。胸元で終わってもいいって思ったら。。。
不思議なことが起きました。

ま、これも、ウエイトリフターじゃない自分を肯定できたからこそ。。。
そう、、、できなくたっていいって肯定できたこと。
これが強みだね。。。

ただね、、、俺はパワーリフターだけど、、、
スクワットは「得意」だけど、スナッチのほうが「好き」だからね。。。


以上、、、ちゃんちゃん。。。