FC2ブログ

にほんブログ村


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS



いきなりで失礼しました。


当サイトへようこそ。
パーソナルトレーナーの武田明人です。
自身の指導方針などを書き綴っています。



先に、簡単に自己紹介を。



武田 明人(たけだ あきひと)   1973年9月17日生まれ。

トレーナー歴20年  パーソナルトレーナー歴16年  NSCA認定パーソナルトレーナー

情報やカタチに縛られることなく、ゆとりある“感性”で物事を捉える習性があり、「動作は、ネイティブなもの」を求め、「運動は、ワンダーランド」だと考えている。その独自の考え方は、高校当時に遡る。「世界レベルの選手には論理を超えた何かがある」「しかし、彼らには共通する部分だってあるはず」など、さまざまな感づきがあった。この業界に入るも、感性を大事にして論理からの脱却を求めている。クライアントさまには厳しいトレーニングを課しているわけではないが、動きがどんどん自然体になって、動ける体・動ける体型になり、競技力が飛躍的に向上したり、普段から何をやっても動けてしまったり、身体がまっすぐ整ったり、ケガやコリなどとも無縁になったり、と好評である。自身パワーリフティングをやっているが、どこにもない力まないリラックスした動きと表情で体重の約3倍のスクワットなどを挙げる。そのリラックスさで近畿大会優勝や全日本大会上位入賞経験を持つ。頑張らない頑張り方を知る数少ないパーソナルトレーナーである。



これまで筋トレやストレッチを頑張ったにも関わらず、いまひとつ思うような成果が得られなかった方
これからトレーニングをはじめたいけど、大丈夫かな???という方。
あなたの「チャンネル」が変われば、きっと大丈夫!!

パーソナルトレーニングでは、私がそのお手伝いをします。

その内容や方針に驚かれるとは思いますが、、、
期待とは真逆だったりするかもしれませんが、、、
驚きつつも、へえ、そうなんだ!これもありなんだ!と気楽にご覧ください。


パーソナルトレーニングについては
こちらをどうぞ



素顔で語りかけるサブブログ(しょうゆ顔)
もどうぞよろしく





スポンサーサイト
ランジです。
[広告 ] VPS



足から拾うのですが、足から踏み出すわけではありません。
着地足が、足として、上へ、上る感じでしょうか。それだけです。
対空脚は、ほっとけ、です。


今は、地面から力をわけてもらうことを、重視していますが、
その前に、力を入れずに、重さを受け止めて、受け止めたほうが挙がるっていう感覚。
それがありきのことです。
[広告 ] VPS



足から振動を伝えていくのは、これがあってのことです。
あるいは、足で伝えていければ、上の動作も、いちだん変わるかもしれません。
やはり、あるがままに受け止めことじゃないでしょうか。
[広告 ] VPS


2018.08.14 シンプルに
うまくできました。
[広告 ] VPS


すいません、って謝る必要ないんですが、先日の記事を抹殺しました。
あれからじつは、ひとつの迷いがあり、
「足で立つ浮上」と「おもりによる落下や加重」とを「両立させるか否か」という部分。

で、結論です。



両立させない。



足で立つ。着く。だけでいい。落ちるは、捨てる。ピストンみたいに押し下げないように。
でも、自然と足だけが残るせいか、腕は脱力するし、加重は伴っているもの。
加重や落下は、過去のもの。事後のもの。今は、そういう感じです。

そしてやっぱり、下から上へ順々、、、よりは、勝手に自然に。
伝える、じゃなく、伝う。
これは一緒です。

足で立てれたら、着ければ、落下も脱力も、伴う。
両立っせてしまうと、加重した分しか返ってこない感じになって、
どこかこう、、、無限な感じがしない。可能性が限定される。

地面を信じよう。。。今はそんな感じです。


あとは、こういうもも上げも、着くことが大事。落下は捨てています。
滞空脚より、着地足。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS




重りはある意味、観念への教材かもしれません。。。
左右されない、動じない。
つまり、挙げない。固めない。力まない。あがかない。どうこうしない。ほっとけ。。。



で、スナッチやクリーンは封印しています。
分習法ですが、エッセンスがいっぱい。強化ならこれでじゅうぶん。
でもいずれ解禁はします。じらすのが好きなんです。。。焦って次へいかないのが方針です。

スナッチプルを中心に練習をしていましたが、ときに、開放させて、クリーンやスナッチにに行くことがある。下の動画は、前半はクリーン。でも、クリーンの前に、スナッチプルならぬ、クリーンプルが入ります。後半はフロントスクワット。あえて、下でとめて、ようは、しゃがんですぐに切り返すのではなく、一度しゃがんで安静。その後に立ちます。一見力がいりそうなのに、脱力して余裕で、挙がっていくんです。

では、ふたつの要素を、どうぞご覧ください。

[広告 ] VPS



もう、スナッチやクリーンという形にこだわるのをあえて捨てて、あえて今は、分習法として大事な要素を練習するスナッチプルを多様しています。足で立つ。振動が伝わる。上肢や肩甲骨一帯に振動する。だから、腕で挙げるようなふうにはなりません。

そして、脚でキックする、んじゃなく、足で立つだけ。
言い換えれば、着く、だけで、蹴れている。
踏まないということ。踏んで蹴るのではないということ。足裏が吸盤になったような、自然な感じ。

その自然な感じ、あるいあhそういう知恵は、普通のウエイトトレーニングに大いに生かされます。それが、後半のフロントスクワット。一度しゃがんだところで静止すると、そこから立つのには、大いなる筋力が必要???と。それが、じつは、偏った先入観。私は実際に、バックスクワットでも、120kg前後なら、そのやり方でやります。まじめに練習したら、もう少し重くてもできると思っています。

西洋的には、足し算というか、体臭が気になるなら、香水を、みたいな。
でも東洋的には、においをけすために、いい石鹸を開発します。


同じように、こういったバーベル運動はたしかに西洋的でしょう。。。で、その自然物に戦いを挑んで、勝つか負けるかでさばきます。挙げればいい。そうやって数値を信じます。ですが、そうやって挙げたひずみが、力んだからだの使い方や固まった姿勢、強くなったはずなのに怪我をしやすいからだ、などにもなりうるでしょう。

でも、私は、まずは戦いに挑まない。みんな仲間だ。力をくれたり、分け与えたりするものだ、と。踏んで蹴った筋力で体力を裁くんじゃなく、調和力を磨くこと。ようは、挙げさえすればいい、という結果じゃなく、どう挙げるか、というプロセス。そのプロセスが、いかに、愛があり、豊かさがある。

「自然によって、生かされているんだ」
「自然から、わけてもらってるんだ」


「自然を意のままに支配する能力」を「フィジカル」としてしまうのではなく、調和して、豊かであること。機械的に正誤や勝負を裁くのではなく、生かされていて、力をわけてもらうことそういうことこそ、ほんとうにほしかった身体能力ではないのでしょうか???

それを、私は、たとえ西洋的とはいえ、扱うのは鉄のバーベルという自然物。地面も自然物。重力が振ってきて、地面に伝わり、地面にエネルギーも溜まっています。それをわけてもらう。価値のない弱者になるんじゃなく、ほんとうに欲しかったものに出会うために。

そうやって鍛えていけば、そういうプロセスが、間違いなく、体を、美しいものへと変えてくれるはず。体だけじゃない。たたずまい。姿勢。オーラ。そういう部分まで変えてくれると思います。筋力強化や筋肥大を否定するつもりはありません。でも、自分は、何でもかんでも筋力を足せばいい、んじゃなく、余計な筋力で不要な筋肥大で、自分を見失わないように、心がけています。

すっとまっすぐ、子供のように。。。

素直な純真な気持ち。美しいたたずまい。やさしい気持ち。いつくしみのこころ。

そういう理想は、これからも追い続けたい。